全身脱毛をする前にしておきたい前処理について紹介

全身脱毛前にしておくべき前処理とは


全身脱毛前に、自分で生えている毛を処理することを前処理と言います。これは脱毛の施術をスムーズかつ、効果的に行うために必要なものです。この前処理を行っておかないと脱毛当日に脱毛サロンで剃られてしまいます。その際にシェービング代がかかるケースもあるため、恥ずかしいし、ちょっと損ですよね。でもどこまで前処理をすればいいんだろう?と悩んでいる方は結構多いようです。そこでこちらでは全身脱毛前の前処理についてご紹介していきます。

どこまで前処理をすればいいの?

脱毛する前に、どのあたりまで処理しておけばいいのか。どうやって処理すればいいのかという疑問にお答えします。まずは処理すべき範囲です。全身脱毛なので、全身やらなくてはいけないと思うかもしれませんが、自分で届かないところは無理ですよね。特に背中は誰かの手を借りないと絶対無理です。まずは自分が処理できる範囲を行いましょう、腕、足、顔、胸、お腹、VIOラインを処理します。だいたい施術の2日前に行うと良いでしょう。

前処理には何を使えばいいの?

処理はカミソリか電気シェーバーで行います。カミソリを使う前にはシェービングクリームなどでしっかりと肌を保護し、強くこすり過ぎないように処理します。VIOラインの前処理ですが、まずVラインは自分の好みで脱毛したい部分だけを剃り、残したい部分はそのままにします。すべて脱毛できるサロンとそうでないサロンがあるので、事前に確認を取っておきましょう。IとOラインは全部剃るのが基本です。ただこの部位は自分では見にくいため、鏡や他の人の手を借りながら処理しておきます。

どうしても前処理できない部分は

背中やおしりなど、身体の裏側にある部分は自分で前処理するのは難しいです。ほかの人に手伝ってもらうとしても、なかなか大変なので、自分で届かない範囲は処理しなくて大丈夫です。心配な方はサロンのカウンセリングの時に聞いてみてください。よほど剃り残しがある場合以外は追加料金は取られないはずです。最後に一つ、前処理は必ずカミソリか電気シェーバーで行い、毛抜きやワックスで行わないようにしましょう。脱毛の効果が無くなってしまう場合もあります。


関連記事: